令和元年 本格的に梅雨入り間近となった日本。湿気が多くじとじとした日が続くこの季節は!・・・

食中毒菌の発生が多い時期です。特に注意したいの、お肉や生物、中まで火が通っていない食物……。

先日に会社の同僚と飲み会を楽しんできたた旦那さんも、帰って来るとすぐに腹痛が!

旦那さん:おなかが痛い・・・

 

奥さん:顔色悪いわよ、どうかしたの?

那さん:飲食店で焼肉を食べたんだが、良く焼けてなかったのかなー

奥さん:それって食中毒かも、この季節は生のまま食べたりすると食中毒になりやすいわ・・・!

この季節に多い食中毒菌

  • 細菌性食中毒(カンピロバクター、黄色ブドウ球菌、サルモネラなど)→ 食中毒菌が食品の中に混入したことによって起こる。

こんな統計があります。

2017年厚生労働省の調査では、6月以降に増える食中毒で多かったのは、カンピロバクター、ウェルシュ菌でした

旦那さん:食中毒を予防するにはどうすればいい?

奥さん:次の注意点を守ることよ!

  • 料理に使う食材は、低温で保管する。
  • 食品の中心部までしっかりと加熱する。
  • まな板、包丁、ふきんなどは、熱湯や漂白剤で殺菌する。
  • 食べ物と調理器具・容器を分けて作業&保存を行う。
  • 調理後の料理は早めに食べる、または低温で保管する。

  • 調理者、喫食者は必ず手を洗う

 

旦那さん:手洗いしなかったような・・・

奥さん:それよ!

食中毒予防は手洗い と適切な乾燥、殺菌、乾燥、殺菌に役に立つのがこれ、

ドクターエアータオルよ!

よし!これからは乾燥殺菌だ!

>ドクターエアータオル資料請求はこちら